2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
[BOARDLIST_5_180_/images/250/leftdot.gif]
 
  • トップ
  • すべての商品
  • 限定20個!2020年の干支で超金運アップ!小野十傳プロデュース「子(ね)の書」!

限定20個!2020年の干支で超金運アップ!小野十傳プロデュース「子(ね)の書」!

商品名 : 限定20個!2020年の干支で超金運アップ!小野十傳プロデュース「子(ね)の書」!

価格 : 25,000円(税2,500円)

数量 :    残りあと10個


2020年の干支である「子(ね)」をモチーフに小野十傳先生がプロデュースした金運アップの書。「幸運を招く書」として、書道家・丸山祐音雲先生に小野十傳先生が依頼し、オリジナル作品として仕上げたのがこの「子の書」です。昨年「亥の書」もご購入いただいた方々から「効果あり!」の評価を多数いただいております。新年2020年の金運を強力に引き上げる逸品として是非ご活用ください。
※ご注文の際は、必ず、「伝達メッセージ」のところにご自身の生年月日をご記入ください。生年月日に合わせて、小野十傳先生が選定した最適な発送日に発送いたします。
※お支払い方法は「銀行振込」のみです。「代金引換」でのお支払いは受け付けておりません。
※送料は無料です。
書家の丸山先生とお会いしたのは7年ほど前になります。
三軒茶屋の近くの、不思議な館にお住まいです。不思議だというのは、その家が迷路のような造りだからです。
入り口から曲がりくねった廊下が続き、屋根裏部屋への梯子があったり、仏壇の裏側には地下室に降りる階段。家全体が竜の体内のようなのです。
丸山先生は、その竜の心臓部のあたりを仕事部屋にして書をしたためるのです。
今回の作品は、「子年なので、災厄から素早く逃れて勝ち残り、コツコツと材を成していくイメージで」とお願いしました。
子の文字の下に、宝船を描いていただいたのは、そういう理由です。子年の金運の礎に相応しい書になっております。
(by小野十傳)
書道家・丸山祐音雲(マルヤマ チオウ)先生は東京の三軒茶屋にアトリエを持つ書家で、とくにクエートやカタールなどの王族としたしく活躍している方です。
一時期、先生の書を部屋に飾ったことがありました。
不思議にも、その日からパワーが漲り、金運が爆発的に増大したのです。
この力を、皆様にもお分けしたくなり、無理を言って、今回も作品の作成を承諾させていただきました。(by小野十傳)
■「子の書」の大きさ 横170mm×縦560mm
また、ご購入いただく方の生年月日に最適な発送日を小野十傳先生が選定してお送りいたしますので、ご注文の際は、「伝達メッセージ」に生年月日の記入をお願い致します。